美肌ケア

アットベリーに副作用が?【美容のプロが成分の安全性を確認】

更新日:

アットベリーの副作用についてまとめました。

気になっているけど敏感肌で肌荒れしないか不安!

口コミでもかゆみやかぶれた方は多いのか調べるのも大変ですよね。

今回はプロの視点からアットベリーの安全性について調べました。

アットベリーの副作用について!

調べた結果、アットベリーは安全性も高い医薬部外品であることが分かりました。

医薬部外品は厳しいチェックを通過しなければ審査も通りません。

医薬部外品として分類されるには、人体への改善効果は持っているものの作用が弱く、副作用の危険性がないことが条件である。

引用元:ANSWERS

このように、品質にも徹底していることが条件となります。

しかし、その中でもアレルギー体質の方には事前確認が必要となります。

アットベリーの成分にアレルギーが?

全成分表示に改正された理由は、アレルギーが個人差により違いがあることからです。

そのため、アレルギー体質のある方は事前に成分表の確認が必要です。

アットベリーの成分表はこちらになります。

有効成分:水溶性プラセンタエキス【豚由来・黒ずみブツブツ用】、グリチルリチン酸ジカリウム【抗炎症】

その他成分:トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液(4)、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ニンジンエキス、トウキエキス(1)、エイジツエキス、ワレモコウエキス、クワエキス、シャクヤクエキス、アロエエキス(1)、クララエキス(1)、カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム、1,3-ブチレングリコール、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、2-エチルヘキサン酸セチル、精製水、香料

引用元:メニーナジュー

敏感肌でも安心?

アットベリーはこのように刺激性の低い商品となっています。

シリコーンやアルコール、鉱物油などが肌に合わない方でも安心しやすいように成分配合されています。

さらに国内の工場において仕入れから出荷まで徹底管理されていることも安心です。

アットベリーの口コミでも副作用報告は少ない!

アットベリーの口コミを調べましたが、副作用の報告もかなり少ない印象を受けました。

数件ですがかゆみが出た方がみえました。

しかし、使い始めたタイミングとのことなのでアレルギーよりも刺激性接触皮膚炎の可能性が高いです。

これはアットベリーの成分が原因よりも、使い方や生理、ストレスなどの体調が関係している可能性が高いです。

また、使い続けて問題なかったのに1ヶ月ほどしてかぶれ始めた場合も生理が始まった場合など違う条件が揃った場合に起こりやすいです。

このことから、アットベリーを試した方の中にはアレルギーなどの副作用の報告はほとんどないことになります。

アットベリーの副作用まとめ!

アットベリーは医薬部外品のため品質にもかなりこだわっている商品です。

安全性が高い成分も多く、口コミでも副作用の報告はほとんど見つかりませんでした。

敏感肌の方でも使いやすいと言えます。

アットベリーが気になっているけど不安な方でも安全性は高いですよ。

品質へのこだわり!アットベリー公式サイトはこちら!

-美肌ケア

Copyright© 理想の自分に!【美容のプロが検証】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.